越後米space
越後米
hr
越後米とは越後米とは
hr
新潟コシヒカリ新潟コシヒカリ
hr
新米をお届けします新米をお届けします
hr
お知らせお知らせ
hr
マップマップ
hr
お問い合せお問い合せ
hr
農業を取り巻く環境農業を取り巻く環境
hr
保存方法保存方法
hr
お客様の声お客様の声
hr
コラムコラム
hr
お申込みはこちらお申込みはこちら
space
<越後米娘です。 2013−09−25>
こんにちは。越後米娘です。

今年の新米の販売受付が始まりましたね。
手元に届くにはまだちょっと時間がかかりますがその分おいしいお米が届くのを
楽しみにする日々が楽しんですよね。

そんな中、友人からテレビでご飯が炊ける変わったグッズが紹介されていたというので早速買ってきました。
その名も「不思議なめし袋」。980円でした。



中に入っていたのは、写真の左から 串、軽量カップ、袋 の3つでした。



説明によるとお米は洗わずそのまま袋に入れてそのままお湯で湯炊きするとありましたが一言アドバイスでは袋に入れてから手もみをするとよりおいしくなるらしいのでこれを試してみました。
そして沸騰したお鍋で20分。ぷっくりと袋が膨らんでとってもかわいくなっていました。



この後どんぶりに入れて蓋をして蒸らすこと10分。やっと完成しました。



お鍋で炊いたとは思えないほどちょうどよく炊けていて芯もなくおいしくできました。

お弁当にしてきたのですが冷めてもおいしかったです。

ただ、この商品はやっぱりアウトドアで使うことが目的ですからお家では炊飯器がやっぱり便利だと思いました。

今日は朝から忙しかったですが、いつもと違うことをするのってなんだかわくわくしてとっても楽しかったです。
<越後米娘です。 2013−04−03> <越後米娘です。 2013−04−03>
今年は雪国の方には申し訳ないくらい少なかったんですがそれでも関東地方も雪が多くて大変でした。

そんな中、やっと春がやってきました。
今年は桜の開花が早くて花見のお客さんを期待する露天の方々はいきなり咲いたので対応に追われていました。

それにしても桜はいいですね。私は大好きなんです。

そこで今日は桜のおにぎりを作ってみました。
これをもって花見に出かけるのが毎年の恒例でしたが今年はみんなと都合が会わず、結局近所の公園でちょっとだけ花見らしきものをしたのですがそれでもこのおにぎりを食べたのでとっても幸せでした。

桜のおにぎりは桜の塩漬を水でちょこっと戻して、戻した中から花びらの綺麗なものを作るおにぎり分とっておいて後は炊飯器に入れてちょこっとだけ塩を入れていつもと同じように炊くだけです。炊き上がったら丸く握って最後にとっておいた花びらをつけて出来上がり。

とっても簡単なのにとっても華やかで美味しいお弁当になりますので皆さんも是非試してみてください。
<越後米娘です。 2012−12−26> <越後米娘です。 2012−12−26>
こんにちは。越後米娘です。

年の瀬も迫ってきてついに今日で今年のお弁当最後の日となりました。
そこで、越後米でキノコの炊き込みご飯を作ってみました。

お水がちょっと多かったようで柔らかめだったのですが、そこは越後米。
お米の旨みたっぷりで美味しくいただきました。
(写真は電車でつぶされてちょっといびつになっちゃいました。)

年の瀬は何かと忙しいですから、おにぎりを作っておいて忙しい時でも
美味しいご飯を食べて頑張ってくださいね。

それでは、良いお年を!!
さて、早速第1回目は、新米のおにぎりをご紹介します。

熱々の握りたてもおいしいですが、冷めてもおいしい越後米。

今回は、お手製のかぼちゃの煮物と塩辛をお供にしてみました。

塩辛の塩加減とおにぎりの絶妙なハーモニーに加え、かぼちゃの
ほんのりした甘みもまたおにぎりに合うんです。

うーん、おいしい!!

みなさんもおいしい越後米を試してみてくださいね。
越後米 新米 おにぎり 
<はじめまして。越後米娘です。>
みなさん、はじめまして。
越後米を応援している越後米娘と申します。

私もこの越後米を食べてからすっかりファンになり、この度、応援団長をおおせつかることとなりました。
越後米のおいしさやおいしくたべるこつ(?)などを不定期で掲載させていただきますので、どうぞよろしくお願いします。
<新スタイルおにぎり「スマート飯(はん)」誕生!>
タカラトミーグループの玩具メーカー、株式会社タカラトミーアーツが片手で食べられるランチウェアを販売するとのこと。
スマートフォンのように片手でご飯がたべられるので最近はやりの弁当男子にはうけるかもしれないですね。
ただ、私にはおにぎりと言うより太巻きのイメージなので、できればのりが巻けるようになっているとさらにいいなあと
思ってしまいました。
どんなものなのかとっても興味ありますね。
9月13日発売とのことなので楽しみに待ちたいと思います。

プレスリリース URL
http://www.takaratomy-arts.co.jp/company/pdf/press_120827_smarthan.pdf
特定商取引表示プライバシーポリシーご利用規約
Copyright © 2016 越後米 All Rights reserved.PowerdBy 簡単ホームページ作成:WIN-HP